好きなことを仕事にしたいなら音楽専門学校へ進学しよう

好きな仕事で自立を目指す

ゲーム機

気になる学費

子どもも大人も、とくに男の子はみんなゲームが好きですね。「そのゲームへの情熱を勉強に向けてくれたらいいのに。」と、ゲーム好きの子を持つ親は考えていることでしょう。いっそのこと、高校でゲームについて専門的に学びプロとしての自立を目指してはいかがでしょうか。ゲームの仕事というのは、おおまかに分類しますとプログラマーとグラフィッカーとプランナーに分かれます。プログラマーはゲームの設計図に従ってゲームを一から組み立てる仕事です。またゲームの命ともいえるキャラクターを生み出すのがグラフィッカーです。そしてプランナーというのはゲームの設計図自体を考案する仕事です。プランナーとして最も必要な能力は、技術力ではなく発想力です。専門学校の中にはゲームについて学べる学校があります。専門学校は正確にいうと高校ではありません。しかし指定された単位をきちんと取れば高校卒業資格が取得できますので、実質的には普通の高校と変わりありません。では実際にこのような専門校の学費はいくらぐらいかかるのでしょうか。通信性の学校であれば、入学金などすべて含めて年間20〜80万円程度です。このように学費に開きがあるのは指導内容によって学費がかわってくるからです。学費については奨学金制度を設けている専門校もあります。就学支援金という制度も利用が可能で、年間12万円程度の補助がでます。意欲は十分なのに学費が払えず通えなくなるのはもったいないことです。分割納入が可能な場合も多いので、学費についてご心配な方は学校に直接ご相談ください。